上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
昨日の続き。
昨日の日記を読んでない人は、先に読んでね。これで3回目だから、もうそろそろ、終わりだよ。たぶん。。。終わろうね。w

・・・・・・・・・・・・・・・・


初めてあったその人たちは…


めっちゃ、ふつうの男女だった(笑)。


なぜか、頭の中でうっすらと期待?イメージ?してたビジュアルは、
女性:占い師さんのような、ひらひら衣装と不思議メイク
男性:ちょっと威厳のある感じの聖者のような


あれっ?あれっ?
普通やん。あれっ?

動揺が隠し切れない私。
と、同時に、なんともいえない親しみを感じる私。

二人とも、ジーパンにシャツ(かTシャツ)。
カジュアルだけど、そこはかと漂うオシャレ感(特に女性)。


「こんにちは~」
にこ~っと、子どものような笑顔で笑いかけられて、やられた。

な・なんだよ~、この笑顔~。かわいすぎや~。

一目見て、私は蓮ちゃんのことが大好きになった。



dozen(ダズン)。
--蓮(れん)&龍(りゅう)の二人が組んでいる霊的パートナーシップ。--

私が掴んだのは、このdozenが地上から降ろしてくれたツルだった。
それは、あたかも偶然に見えたんだ。
その時は。(笑)。




蓮ちゃんは、愛嬌満点の美人だった。
そして龍さんは、HPにのってた写真のイメージと、ちょっと違うなあ…というファーストインプレッション。(じつを言うと、ちょっと恐そうって感想だった。笑)

二人とも、とてもナチュラル。
その日は、ほかにも参加者が3人くらいいたと思う。
(そのうちの一人は、いまでは、我がラブスピースカレッジの“頼りになる兄貴”だ)
参加者は、私と同じで初めてという人もいれば、2回目、数回目、という人もいた。
一様に、最初は“ちょっと緊張気味”というのが共通点。

でも、和やかに話が進むうちに、みんなの表情は、だんだんと、どんどんと、和らいでいった。

話題は、ごくたわいもないことから、スピな内容まで、参加者が訊きたいこと、話したいことを、それぞれが訊いたり、話したり。
私も、だんだん緊張が解けて、持ち前の「図々しさ」(これは、スピ語では「こうきしん」と読みますw)を発揮して、訊きたい放題、訊いた。

ちょうど、蓮ちゃんが、役所の書類の職業欄に、「スピリチャルカウンセラー」って書くのもなんだから、「ライトワーカー」って書いたとか書かなかったとか、そんな話をしてた。

スピ知識がゼロに等しい私だから、その言葉の意味がわかんない。
だから、「ライトワーカーって何ですか?」と訊く。
そして、話題はそちらへ移る。

はたまた、「インチャの傷」がさ…みたいな話になったら、
またまた「インチャの傷って何?」と訊いて、その話題となる。

ひとつのシンプルな質問でさえ、話のきっかけになるし、それで盛り上がれる。
話してだめなことなんて、訊いてだめなことなんて、何ひとつなかった。

私は、その時間を存分に楽しめた。
満足だった。
新しい好奇心がもりもりわいてきた。

いつだって、自分の知らない世界のことに興味がある。
何でも足と顔を突っみたくなってしまう。

私はこの日、スピリチャルという世界を垣間見て、その新しい世界にすっかり魅了された。
具体的に、何に興味を持ったのかは、思い出せない。
でも、なんだか、とても楽しかったのだ。
心がワクワクするような感覚を覚えたんだ。

そして、蓮ちゃんと龍さんとしゃべってみて、
「この人たち、好きだ~」とハートで感じた。

だから、また来ようって、その時に思った。
理由は、それだけで充分だったよ。


そん時はわかんなかったけど、私、dozenの愛に惹かれてたんだね。
そして、約束してた。
昔々。そう、私たちが生まれるずーっと前の、昔に交わした、大切な約束。
それを、私の頭が気づかないうちに、ハートが思い出してたんだ。きっと。

dozenの元に=このラブスピースカレッジの元に、いざなわれ、集い来る人は、
みんな、遠い昔に約束を交わした仲間たち。

私も仲間だった。

約束の中身は、まだ思い出せない。
だから、時々、頭で、「本当?」と考えたりもする。
でも、感じるんだ。ハートが。
この愛をもっともっと感じていたいってね。


次の一歩に進むのに、それ以上の理由っているかな?
dozenなら言うな。
「来たかったら、来たらええんちゃう?笑」って。
いまの私は、激しくそれに同意する!
「来たかったら、来たらええや~ん! 笑」って。

だから、私は行くんだ。
私が行きたいと思う限り、ずっと。


・・・・・・・・・・・・・・・

終わり。(よかった~。終われて。笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・

探求の入り口は、ここにあります~→dozenHP

探求の一枚目の扉は「シップ活動」です~→ラブスピースカレッジクラス紹介

スピカフェってのは、じつはこんな感じです→スピカフェ紹介

ちなみに、近々、京都でスピカフェがあったりもします→7月22日スピカフェ案内

カレッジの頼れる兄貴はこの人→もっち

インチャの傷って何ですか?→こんなんです~

スポンサーサイト
2007.07.05 Thu l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://urappy.blog94.fc2.com/tb.php/41-64a0451f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。