上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ラブスピース@京都・桂の探究者Pです。

クンダリーニ覚醒者である蓮が導くラブスピースの探究の中で知っていった、
私たちが住まう世界の不都合な真実を、みんなと分かち合いたいと思います。
自分が大切、家族が大切、地球が大切、という人はどうぞ、真剣に読んでください。

akinori kimura 


『奇跡のりんご』という本をご存知でしょうか?
世界で初めて、無農薬・無施肥(肥料をまったくやらない)でのリンゴ栽培に成功した木村秋則さんの著作です。

そして、ラブスピースでいま読んでいるのが、こちら。↑
木村さんが確立した自然栽培という農法について書かれた本です。

なぜ、いまこれをみんなして読んでいるかというと、
「本当に安全な食べ物を食べようと思ったら、自分たちで作るしかない」という結論に至ったからなのです。


きっかけは、「どうも福島の放射能汚染の影響は、政府の発表よりも深刻らしい」という気づきからでした。
調べていくと、日本の放射能汚染の状況はかなり深刻で、深刻すぎるがゆえに事実が隠蔽されている」ということがわかってきました。

ネットで流布されている放射能関連の情報のすべてが事実とは思いませんが、
少なくとも、政府や大手マスコミの発表していることと、現実の危険性が乖離していることはわかります。
この現実に目を向けることは、自分や自分の大切な人を守りたいと思う人には必要なことと感じます。

参考:https://twitter.com/k2cyan


調べると、汚染物質は、関東以北はもとより、ほぼ日本のすべてに影響を及ぼしていることがわかります。
そして、とてもじゃないけれども、そこでできた農作物を口に入れるには危険すぎる土壌がたくさんあることも。

ラブスピースでは、日々の食事を作る素材をどう調達するかを検討し、買物をするエリアの検討などもしましたが、
この先、まだまだ汚染が続いていくこと、また、新たな災害などで汚染が進むことも考え、
究極的には、「自分たちで作るしかない」という思いにいたったのです。

そんなわけで、現在、取り組み始めたばかり。
まずは、自然栽培を知り、すでに実践され、作られている農作物を買って食べてみる、というところからです。

次回は、「自然栽培の野菜を食べてみた!」報告をしたいと思います。



蛇足ですが、木村さんのことについて。

木村さんが当時、夢でしかなかったリンゴの無農薬栽培に取り組み始めたのが1978年のこと。
私が8歳のころですから、ちょうど冷凍食品やインスタント食品や味の素が世に出回り始めたころで、エコや人間や自然環境に優しい、といった風潮とは真反対の時代でした。

木村さんはその研究に11年という歳月をかけ、自殺寸前までいく苦難を乗り越えて、農薬も肥料も使わずに農産物を育てる自然栽培という農法を確立しました。

2006年にNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で取り上げられて以降、木村さんと自然栽培に注目が集まり、木村さんの人生は、第2ステージへと以降していきます。
「自然農法を広める」というステージです。

彼はこの本の中で「自然栽培の心得 5カ条」として、こんなことを言っています。

その5 自らが確立した技術をひとり占めせず、一切隠さず伝えること

死ぬほど苦労して確立した技術を惜しみなくただで教える。
なぜなら、彼はそのことが「ニッポン国民にとって、そして全人類にとって大切なことだと考えているからです」と。

まさに愛の奉仕ですね。

私たちもこの意識で、愛を拡大していきたいと日々探究、分かち合いの活動中です。



ラブスピース 探究樂 学び人募集!⇒http://lsp-japan.org/hp/tankyu_gaku.html




ラブスピースHP:http://lsp-japan.org/top.html

mixi:http://mixi.jp/view_community.pl?id=6187174


◇蓮のブログ http://ryu-and-ren.seesaa.net/






スポンサーサイト

2015.11.09 Mon l 日記 TB(0) l top ▲

トラックバック

トラックバックURL
→http://urappy.blog94.fc2.com/tb.php/292-46695298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。