上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
140303 桃花瞑想イニシエーション




3月3日はひな祭りの日だと認識していた。
その意識が変わったのは高次からスピリチュアルメッセージをもらってから。

まだ春の気配が遠くに感じられる頃にこのように伝えられた。

桃の花を見て瞑想をするようにと。
桃の花を調べてみるとWikipediaには以下のようにある。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
中国において桃は仙木・仙果(神仙に力を与える樹木・果実の意)と呼ばれ、昔から邪気を祓い不老長寿を与える植物として親しまれている。桃で作られた弓矢を射ることは悪鬼除けの、桃の枝を畑に挿すことは虫除けのまじないとなる。桃の実は長寿を示す吉祥図案であり、祝い事の際には桃の実をかたどった練り餡入りの饅頭菓子・壽桃(ショウタオ、shoutao)を食べる習慣がある。
ーーーーーーーーーーーーーーーー


花は純粋なエナジーの媒体であり、また、それぞれの品種が個性的なエナジーを持ってもいる。

桃には不老長寿という特徴以外に、邪気を払うというエナジー的な特徴があるのだと知った。

なるほど、それゆえに桃太郎は老夫婦に拾い上げられ、鬼を退治にしに行く役目を持っているのだな。

桃の花を見て瞑想すると言う事は自分の中の邪気を払い、自分の中の本来ある豊かな女性性を蘇らせるイニシエーションなのだなと思った。



桃花を明け渡してから数週間。

昨日、3月3日の夜に、眠る前に桃花瞑想イニシエーションが行われた。



自分のオーラを整え、自宅のオーラも整え、心を清く、静かに整える。

深々と頭を足れ、内に感謝を捧げ、このイニシエーションを通して
変わろうとする自分を内へコミットする。

「自分の中の律せられないエゴを調伏(ちょうぶく)し、
 本来ある女性性の豊かさをよみがえらせます」



「調伏(ちょうぶく)」という言葉が浮かんだ。
コミットを書いた当初は、「エゴを祓い」としたところ。

  ━━━━━━━━━━━━━━━
  ちょう‐ぶく【調伏】
  〔仏〕(ジョウブクとも)
  ①心身を制御して煩悩や悪行にうちかつこと。今昔物語集3「婢、十善を聞き
   て心に―しぬ」
  ②密教の四種法の一で、五大明王などを本尊として法を修し、怨敵おんてき・
   魔障を降伏ごうぶくすること。調伏法。降伏法。今昔物語集14「其の人を請
   じて、―の法を行はしむ」
  ━━━━━━━━━━━━━━━



確かに桃の花には「邪気を祓う」エナジーがあるが、
それは邪気を取り除いてしまうのではなく、邪気をコントロール下に置く、
つまり「調伏」することなのだと思った。

桃太郎は鬼を“退治”したのではなく“調伏”させ、宝を取り戻した。
私は、エゴを律し、本来の豊かさを取り戻すのだと。




桃色の花をたくさんつけた一枝の桃を見て、瞑想をする。


ひときわ大きく開いたひとつの花と対話する。

「わたしが」と桃が言う。
「わたしがあなたの手放したいエゴを引き取りましょう」と。
そういう言葉ではないのだけれど、そういう意味のことをこちらへ伝えてくる。

人がこういうことを言うととても偽善的に聴こえるのに、
邪気のない花はこんなにピュアにストレートに愛を表現する。

あまりにもストレートな言葉だったので、少々照れもしながら
ありがとうと感謝し、花を通じて、自分の中の重いものを浄化する。


胸のチャクラがぼわっと温かくなり、
座禅を組んだ足の先にちりちりとエナジーを感じる。

次に、ずっと痛かった胃の裏側あたりの背中が熱くなり、痛みが一瞬増す。
アイタタタと思っていたら、すっと痛みが逃げ、上にあがって頭頂のチャクラから
ずぼっと抜けていく体感があった。

その後、何度かエナジーが下から上へ抜け、終わった後はずいぶん楽になった。


また態勢を整え、桃を見つめ瞑想をする。

「桃の利他的精神と勇気を」と桃が言う。

私の中で、それらをよみがえらせるということなのかなと思う。
そういうものがよみがえったら、かっこいいなと思う。

桃に感謝し、そのエナジーを自分の中に浸透させる。

気持ちいい。

桃の花のあたたかな香気をいっぱい吸い込み、瞑想を終えた。




この桃の節句イニシエーションは、内からのギフト歳時記だとつくづく思う。
今回創造したのは、ラブスピースのメンバーだけだったけれど、
次回は、もっとたくさんの人とこの心地よさを共有したいなと思う。






【Love Spiritual Peace (ラブスピース)スピリチュアルカウンセリング申し込み 】 
 内的探究の先駆者である蓮がカウンセリングします。 
  ラブスピースホームページからどうぞ
  http://lsp-japan.org/top.html
 
ぴかぴか(新しい)探究の先駆者であり光の導き手、蓮のブログぴかぴか(新しい) 
http://ryu-and-ren.seesaa.net/ 







スポンサーサイト

2014.03.04 Tue l イニシエ l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。