上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
昔から、とりあえずやってみる、というのが苦手だった。

頭でっかちなので、「頭で理解してからやりたい」というタチだった。

それが霊的な探究をするうえでは、歩みを遅める非常にたちの悪い癖として自分の前に立ちはだかっていた。


何しろ、理解より前に即動で内に沿うことが大切。

「顕在はあとからついてくる」

つまり、まず、高次意識の自分からのメッセージに沿って動く。
動いているうちに、肉体をもった顕在の自分が、その意味を知っていく、というのが宇宙の法則。


この法則を心から理解できていなかった。

昨日のシェアの中で気づきがあり、ようやく、この意味がわかった。
ずいぶん長くかかったなあと思う。

法則に沿った所作には素晴らしいエナジーが通っている。
その所作を懸命に行うことにより、そのエナジーの影響を受けることができる。
すると、今度は自分の意識まで法則に沿ったものに変えていくことができる。


こうして、動くことで、意識さえも整えていくことができる。


ただし、じつは、これには条件がある。

この動き、所作が法則にかなったものであることと、
これを、本当に懸命に、無心で行うこと。


いやいや行うなら、その動・所作がもつ美しきエナジーを受け取ることはできない。

禅の修行にも似たものがあるなあと思った。




私は何年もの間、この動・所作から学ぶ、を探究しているつもりでやれてなかったのだなと
つくづく思う。

ようやく目が開かせてもらったなと思う。

内へ感謝します。



霊的探究とは⇒http://lsp-japan.org/explorer/exp-top.html


蓮がピックアップした、この気づきのきっかけになった動画。

dozen/Ren
    ⇒http://mixi.jp/show_friend.pl?id=844204

美しい所作には美しい精神(スピリット)が宿る、のだと思う。


とてつもない日本
   http://www.youtube.com/watch?v=oNyvFg-Y8Bo
スポンサーサイト

2013.12.16 Mon l Pの探究 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。