上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

線路は続くよ

senro  Photo by P

 

学びはスパイラルする。

次のステップへあがろうとすれば、必ず、基本の確認がやってくる。

0、1、2、3、4、5、6、7、8、9

とくれば、次は

10、11、12…

10というステップの1、2、3…が展開される。

 

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

・○○のせい、にしない。

・自分に起こることのすべては、自分で選択し、自分で引き寄せている(つまり自分で創造している)。

・自分を傷つけることができるのは自分だけ。

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

スピリチュアルな探究の基本のきであるこれらの法則を初めて目にした時、

確か、それだけでなんとなくムカついていた気がする。

 

「すべてのことは自分の責任」。

「だから、あなたが不幸なのもいやな目に遭うのもあなたが悪い」。

高いところから、そう責められているように感じていた。

 

いまは、「本当にそうなんだよなあ」と実感できる。

これは成長の証。

そして、「それでも、すぐに陥りがちになるんだよね」とも思う。

 

「○○のせい」。

 

それがエゴの罠で、幻想だと知っていても、意識の端で、あるいは無意識下で、

なにかままならないことを「○○のせい」にしている自分を発見することがあり、それに驚いてしまう。

 

まだやってるのか、これを、私は…。

 

エゴのしぶとさ、これまでの価値観・考え方の刷りこみの深さはたいしたものだと思う。

 

 

Pが探究の基本のきを知ったのは、ラブスピースのコミュニケーション・シップの場だった。

コミュニケーション・シップ自体が、探究の基本のき。

それをここのところ、おざなりにしていた。

そして、そのことに気づいてリセットをかけるようにとの促しが入った。

 

基本のきをレベルアップした形で再度マスターすることを促されるとき。

それは、ラブスピース全体の学びのスパイラルが一段あがるときのお知らせ。

 

運動でも勉強でも何かの技術でもみな同じ。

「基本をしっかりとマスターし、それを継続できているからこそ、応用したり独自性を発揮できたりする」。

何かを究めようと一生懸命やっている人なら、必ずこの法則を肌で知っている。

 

いま一度、基本のきの継続をしっかりと自分の中で実行していきたい。

 

探究の基本のき⇒Communication ship

クローバーLove Spiritual Peace―ラブスピース―とは
   
http://lovespeace-ashram.seesaa.net/

スポンサーサイト

2009.07.22 Wed l 日記 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。