上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

今帰仁猫 

8月10日、母と沖縄へ。

沖縄へ誰かと来るのは初めて。

あ。じゃなかった。3月に、ラブスピースのメンバーと与那国に行ったんだった。。。

じゃ、2回目。^^

私にとっての沖縄は、これまでいつも、誰かと、また、何かと出会うために、来る場所だったから。

 

今回の旅は、以前のお仕事を卒業した記念に、両親への御礼の旅をしたいと思ったことから始まった。

父親は「しんどいし、やめとくわ。」とそっけない(笑)。

いつもの調子。

母にどこに行きたいか尋ねると「旭川動物園か、ちゅら海水族館」と。

調べてみると、旭川動物園の動物たちは、夏は苦手らしく、冬がオンシーズンとのこと。

では、真夏の沖縄へ、ということで、行き先は本部半島に決定。

 

北部に行くならば、足は車しかあり得ない。

空港から本部までは、高速を使っても、たっぷり1時間30分はかかる。

ただいま、「脱ペーパードライバーキャンペーン中」のわたくし。

運転、大丈夫だろうか。。。

何度もよぎる不安をふりきり、「大丈夫でしかあり得ない」と思い直し、決行。

探究しててよかった。^^ 以前なら、思いつきもしなかっただろう。

 

「すべては、自分の内が引き寄せる」という自然の法則を実感して暮らすこと、

「一人じゃない」「肉体を持った私はいつもスピリットと一緒」だと知っていること、

いつも自分にはさまざまな高次の援助があると感じること、

それらの存在が、私を不安から開放し、自由にしてくれる。

やりたいことに、果敢にチャレンジさせてくれる。

成功をしても、思うようにいかなくても、その結果を学びとして受け入れ、

チャレンジできたことに感謝できる。

全部、探究で手に入れたこと=自分の中によみがえった、「真の勇気」だと思う。

 

 

1日目はほぼ移動で終了。

夕方に本部のホテルに着き、ひとまず、サンセットだけでも見ようと、再びホテルを出た。

どこに行こうか、と思いながら、自然と今帰仁古城(なきじんぐすく)に向かう。

 

もう、ほとんど陽もくれた頃、今帰仁古城につく。

前回来たときにはなかった立派な券売所と駐車場ができていて、びっくりした。^^

 

城跡へ入る石段まで行くと、門番の猫が向かえてくれた。

あ。ここからは変わってないんだと、ほっとする。

きっと猫はあのときの猫ではないだろうが(笑)、ここにはいつも猫がいる。

私は彼らをここの門番と呼んでいるのだ。

 

門番に挨拶して、石段を登る。

石積みのゲートをひとつくぐると、結界の内に入ったのがすぐにわかる。

懐かしい。

いつもそう思う。ハートからそう感じる。

魂が喜びにふるえるような感覚をいつも覚える。

 

あたたかい。とても、あたたかい。

ずっとずっと古い家族に迎えられたような、そんなあたたかさ。

見えない存在と抱擁を交わし、「お帰り」と言われるような、そんな懐かしさ。

 

ただいま。帰ってきたよ。

じんわりと涙が浮かぶほどに、ここへの再訪は、いつもうれしい。

 

年老いた実在の母を気にしつつも、私の足は自然と早足になって、階段を登っていく。

上まで登り、茜色に染まった西の海を見る。

赤、ピンク、オレンジ、紫、青、白、黒、グレー。

あらゆる色がまじりあった空と海の境界線に、帽子をかぶせたような伊江島のシルエットが浮かぶ。

 

私は急に、ここで瞑想をしたくなった。

蚊が多いし、暗いし、人がいないし、と、早く帰りたがる母をなだめて、しばし、黙想の時を得る。

 

ここまで無事に着けたこと、こうしてまた懐かしい場所に帰ってこれたこと、

ここであたたかく迎えられたこと、この旅ができたことを、感謝する。

 

今帰仁小 

 

 帰り際、本丸跡に建つ、「火の神(ひぬかん)」さんに挨拶し、

行きに登った整備された階段とは別の、もうほとんど崩れてしまった旧階段を降りていく。

母の手をとり、一段一段、石を踏んで降りていきながら、「私はこの旅で、どんな自分を知ることになるんだろう」と考えていた。

 

母が「夜に出かけること、暗闇」が嫌いなことを初めて知った。

「動物園」や「水族館」に出かけることが好きなことも。

 

私はこの母を鏡として、自分を知るのだろうと思う。

それはきっと、古い愛、関係を再生させるためのステップなんだと感じた。

 

つづく。

 

 

☆ラブスピースとは
 ⇒http://lovespeace-ashram.seesaa.net/

☆「自分を愛する」っていい!心の探究をしよう!
 ⇒http://lovespeace-ashram.seesaa.net/article/97681698.html

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
2008.08.11 Mon l 日記 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。