上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

大根(小) 

 

やっと、以前のお仕事の片が、名実ともについた。

1ヵ月ごし(笑)。

それと同時に、内側でも、整理整頓がはじまった。

 

昨日・今日と、以前からずっとやろうやろうと思っていたことが少しできた。

 

1)家計簿をつける

(なんと、たぶん5年ぶり、人生で3回目くらい。笑)

 

お金は自分の内側が投影された、目に見えるエナジー。

家計簿をつけると、自分がどんなものにエナジーを使っているのかが一目瞭然。

つまり、いまの自分の内の状態が如実に見えてくる。

 

結果は。。。見事なまでのエナジーの放出っぷり(というか、もうほとんど水漏れ状態。笑)

まあ、いままではお仕事のおかげで、そういう状態でも破産せずに済んだということで、

生活が新しくなったらば、エナジーの使い方もそれにマッチするよう、ここでリセット。

久しぶりに、堅実な生活にトライしてみよう♪

こうみえて、Pは昔、かなりの貧乏経験アリなので、まあ、なんとかなるっしょと、楽観的。

 

経済的に豊かな生活はそれはそれで楽しいし、質素な生活もまたしかり。

けっこう、シンプルで、工夫に満ちてて、それはそれで楽しいのだ。

 

 

2)探究の資料を整理(ファイリング)

元来、整理整頓があまり得意ではない。

なのに、整理しだすと、取り付かれたように、徹底してやらないと気が済まない、やっかいな性格。

(この完璧主義は自己価値の低さからくるもんなんだと、探究して初めて知った。)

いままで、到底、徹底して整理する気になれなかったので、当然、資料やノートは雑然とあっちにバラバラ、こっちにパラパラとほったらかしになっていて、

いざ、あの資料が!と思っても、すぐに辿りつくこと叶わず。。

 

そんなへたれ状態を、今日はちょっぴり解消。

まずは大事な資料からファイリング。後は。。。また今度。

できることからやろう♪

少しでもできたことを喜ぼう♪

 

ふふふ。

なんだか、小学生の日記みたいだな。

こういう小さなことに喜べるって、とっても気分がいい。

 

でも、本当は小さなことじゃなくて、これが、いまの私にはとっても重要。

進むことに恐れをなして、混乱を演出していた自分の内側にリセットがかかったということ。

整理整頓をすることで、

自分の内側の見渡しをよくする。

必要なものをすぐ取り出せるようにする。

そして、以前のものを復習をする機会を得る。

 

すると、いまの自分に必要なメッセージが、届く。

 

はらり、と出てきた紙に、それはあった。

何の本の引用だったか、誰がくれたものか、どのレッスンで使ったものかも、覚えていない。

でも、いまの私には、ハートが釘付けになった。

どうしても、こうして記しておきたくなった。

 


 

「霊的啓明を得るための道として奉仕より高位のものはありません。

なぜなら啓明自体が奉仕の役割に目覚めることであるから。

覚者方は彼らの仕事を“大いなる奉仕”と呼ばれます。

我々が進化してやがて覚者に辿り着くとき、宇宙全体を通して、我々が神性と呼ぶものの活動全体を支配している偉大な法は、

実際たった一つであることを認識するようになるでしょう---それは奉仕です。」

 

「ですから実際、奉仕のみがあるのです。魂として我々は奉仕するためにここにいます。

転生してくる仕組みは原因と結果の法則を通してカルマの引っ張りによってですが、やってくる動機は大計画への奉仕です。

奉仕において最も大切なことはそれの背後にある動機です。

あなたが何をするかではありません。どんな奉仕をしようと関係ないのです。全てが奉仕でありえます。

あなたが行う全て行為が奉仕であります。

それを行う態度も大切です。

奉仕は非個人的であるべきです。個人的な動機で行う奉仕は奉仕ではありません。」

 

「あらゆる進化の背後にある基本的衝動はわれわれが奉仕と呼ぶあの魂の衝動である。

奉仕は、人間関係のなかにおいて表される愛の法則以外の何ものでもない。」

 

「我々は奉仕するにつれて、奉仕の能力を増し、愛する能力を増す。

愛する能力を増すにつれて、より多くの奉仕ができ、さらに多くを愛する。

愛し、奉仕することは神の特性である。」

 

奉仕=肉体を持って存在している意味・目的そのもの。神聖さへの奉仕は、内なるものが肉体を通して体現をするための協力であり、顕在の役割でもある。

具現を通して奉仕を行うことは、内と外を一致させることであり、生命全てが内包している神聖な欲求を再確認・再認識できる機会でもある。

 

 


 

いつも、ラブスピースで語られること、そのもの。

   ラブスピースとは→http://lovespeace-ashram.seesaa.net/

いつも蓮が語り、体現することそのもの。

   dozen/Ren→http://mixi.jp/show_friend.pl?id=844204

そして、私たちが目指すこと、そのもの。

 

たぶん、これを初めて目にしたときにはわからなかったことが、

いま、体験を通して、実感することができる。

そのことが、とても嬉しい。

 

近頃のラブスピースの“これが来てる!”は

「原点回帰」&「基礎のバージョンアップ」 

この流れの中に、私はいる。

 

 

「自分を愛する」っていい!心の探究をしよう!
http://lovespeace-ashram.seesaa.net/article/97681698.html

Pカフェ開催! Pに会いに来てね
 ⇒http://urappy.blog94.fc2.com/blog-entry-110.html

 

 

 

 

スポンサーサイト
2008.07.31 Thu l 日記 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。