上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
3/26/2007 2:40 AM
3/24/2007 11:39 PM

二晩かけて(実際にはもっと)、
やっとイニシエの肝の部分を書くことができた。
思い出しきれない部分や、経過が前後してるような気もするけど、
どうしてもこのイニシエだけは、詳細に書き留めておきたいと思った。
公にするには、リアルすぎるけれど、
私にとって、かけがえのない真実。
シェアしていただければ嬉しいです。

そしてやはり、この日記を読み返すにつけ、
すべての存在に感謝せずにはいられない。
ありがとう。
本当にありがとう。

・・・・・・・・・・・・・・・・

スピカフェ&新月のイニシエーションの夜。
19:30を少し過ぎて到着。
部屋に入ると、龍さん、蓮さん、ムーミヤの3人のみ。
「あれ? 今日はこんだけ?」「これだけ」。
そんな会話が交わされた後、スピカフェに参加。
仕事の話、沖縄合宿の話、翌日にdozenとムーミヤが行くというエジプト展の話などなど、いろんな話をする。
そのたびごとに、「わかってますよぉ~…」と苦笑いすることしばしば。
霊的な視野に立たなくても、自分を取り巻く環境が、もっと濃く、真摯に、
スピリチャルな生き方を実践するように、と示している。
だのに、なかなかそれができない私。
Dozenやスピ仲間と直接話しをすると、なおさら、その思いが強まり、
「わかってるんだけど…」と言い訳をしたい気分になる。
ここのところ、同じパターン。つまり、足踏み常態ってことか。

1時間ほどして、蓮さんがエネルギーが上がってきたと言う。
そのエネルギーの特徴を感じながら、蓮さんが「?」という顔をして龍さんを見る。
「何? 誰?」
どうやら、いつものパターンとは違うイニシエらしい。
テーブルを動かし、蓮さんが横になり、スタンバイ。
そのうち、今日のイニシエでは、私の過去生についての話をすると告げられた。
私のインチャとも、スピリットのクセとも関わりがある事柄だという。
いろんな想像が頭を巡り、いろんな思いがこみ上げて、脈が早くなる。
「受け入れられるかはあなた次第」
そう言われて、心を落ち着けるように努める。
「私は、いかなる霊的真実、自分の過去も、受け入れます」
そう心の中で唱えて、呼吸を整える。
横になった蓮さんの手を握り、プラーナ呼吸を続ける。
蓮さんに降りた高次(ヴィーナスかな? 誰かな?)が、イニシエについて語る。
「あなたの過去生を見せます。3世代前です。言葉で語ることもできますが、
あなたには、それを目で見る必要があります。その方がいい。あなたは、それがスムーズにいくように協力してください。ここまでの状況、わかりましたか?」
正確ではないが、そんなことを言われたと思う。
なんだか舞い上がってしまって、結局、龍さんに再度、状況を説明してもらい、いよいよ過去生との対面を待つ。
蓮さんの中に私の過去生が降りてくるのを待つ。
蓮さんは、激しい息遣いで、おなかを反らして変容に耐えてくれている。
時折「うううう」と低いうめき声。
3世代前の私はなかなか出てこない。
「私の恐れが原因かもしれない」。
そう思って、瞑想を続ける。
「大丈夫、リンダ。大丈夫だから。何があっても私はあなたを受け入れる」
自分のインチャに語りかける。私は大丈夫。
右半身の背中が重く痛くなる。リンダの恐れなのか。顕在の私の恐れなのか。
しばしその状態が続き、ある瞬間に、すぅーっと、背中が軽くなった。
まるで、繋いだ手を通して、私の中の一部が、蓮さんの中に入っていくような感覚だった。
しばらくして、高次から蓮さんを通じて、「姿勢を正して」と言われる。
続いて「白い呼吸をしてください」
「ローズピンクの呼吸」
その後は、ブルーだったか、よく聞き取れなかったが、
ともかく、呼吸に意識を向け、集中する。
再び、激しい変容状態になる蓮さん。身体の反り方が尋常じゃない。
私の過去生は、よほど抑圧されていたのか、なかなか言葉が出てこない。
「ああ。私のためにごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい」
10分ほどもその状態が続いて、変容した蓮さんの口から声が漏れた。
ほとんど呻き声のような悲痛さ。
どんなに、どんなにつらいことがあったのか、と思わせる苦しそうな声。
「見える」「うぅう…」
「ううぅ…」
泣きながら私の過去生が嗚咽しながら声を振り絞る。
言葉が続かない。
龍さんの顔を見ると、「安心させるように声をかけて」と言われて頷く。
「何が、何が見えるの?」
手を強く握って、耳元に語りかける。
「見える…」
「何が見えるの? 何が?」
「見えるのにぃ~…ううぅ…見えてないと言えと言われる~うううぅ」
「うわぁあああああ~」
慟哭しながら、私の過去生は語った。
シチュエーションなどの説明はなかったが、私には、その過去生は14歳くらいの少女に思えた。
アジアのどこかの国。文化的な街の中の通り。強い日差しが差し、乾いた土ぼこりが舞っている。
少女は白い貫頭衣かサリーか、ローブのようなものを纏い、足にはサンダル、頭には白い被り物。
黒い髪、くっきりと強い意志を示した眉の下には、黒いアーモンド形の瞳。
その瞳が見ているのは、壁の向こうの建物。いや、その建物の中に在るだろう営み。
壁は寺院と外を隔てるもののようだ。壁の中では、黄色い僧衣を着た人たちが祈りを捧げている。
少女は、その壁の中に入りたいと言う。
あの中に行きたいと。何度も何度も言う。行きたい、行きたいと。
恐らく、寺院の中には、男性しか入れないのだろう。
それだけではなく、信仰に身を捧げる僧侶には、男性しかなれないのだろう。
少女に見えていたのは、信仰の道。霊の道。真理だったのだと思う。
その入口になるはずの寺院にさえ、自分は入ることを許されない。
そればかりか、周囲はその“気付き”さえ、奪おうとする。
それは、おまえが目指すものではない、見るべき道ではないと。
本当の自分を否定される、凄まじい悲しみ、辛さ、恨み。
私は思わず、「行こう! 私と一緒に行こう! 私が連れて行くから!」と叫んでいた。
少女の口から、強い口調で低い声が響いた。
「誰も認めない!」
 「私が認めるから!」
「誰も受け入れない」
 「私が受け入れる」
「誰も協力しない」
 「私が協力する。必ず、必ず、行くから~ぁぁぁああああ~」
最後は、私が慟哭し、少女は穏やかになっていった。
私はしばらく、蓮さんの胸で泣き崩れていた。
蓮さんの手が私の頭をなでていた。
ありがとう。ありがとう。ありがとう。
言葉に尽くせぬ感謝の思いがこみ上げてくる。

私は少女に誓った。必ず過去生も含めたスピリットと共に、霊の道を歩むと。
それは、この道に進むことに恐れ、戸惑いや躊躇いをもっている私の背中を押すための儀式だったのだと思う。
どんなに迷っても、どんなに苦しんでも、どんなに恐れても、私はあの時、自分自身に誓ったじゃないかと。
それを思い出すためのイニシエーションだった。
設定やビジュアルは、私が作り出したものかもしれない。
でも、時間が経っても、あの時の少女の瞳を忘れることはできない。
真理の道を自らの力で歩めないその無念さを。
私には、どんな言葉で語られるよりも、強烈なインパクトとして記憶に焼きついている。
最初に、「見る必要がある」と言われたのは、このためだったのだろう。

最後の会話の時、明らかに蓮さんの発する声のトーンが、少女と違っていた。
「誰も認めない、誰も受け入れない、誰も協力しない」と言ったのは、
高次かもしれない。
それを否定するひと言ひと言が、自分への誓いとなった。

この先、私が恐れに出逢ったときの“御守り”。
それを、この日、私はもらったのだ。

でも、その時、私が本当に見るべきものが、「少女の無念さ」だけでないことを、
直感的に感じていた。
もっと、大きな意味。広い視野で見るべきことがある、と。

「広い視野」
それは、「チャクラクリーニング」という言葉とともに、
すでにラブカードセラピーで、私に渡されていたエッセンスだったのだ。

つづく
スポンサーサイト
2007.03.26 Mon l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://urappy.blog94.fc2.com/tb.php/11-27dbe838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。