上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
4月23日「空のペットボトルがいっぱい入った袋がどうしても捨てられないのよ…」の夢【後半】リーディング(再)

【シンボル/(ド):「ドリームブック」新版  (夢):「夢のメッセージ」 (独):独自解釈 ※下線部が主に採用した意味】

・空のペットボトル(複数):(独)不要になった古い愛・感情→(個人的な不全にあてはめると):「認められたい」という不全の愛を支える(入れる)ための、プライドや傲慢さや自己卑下や依存などの不全(の容器)

・和風:(独)自分がベーシックに好むもの。心が落ち着くもの。

・洋風:(独)自分にとっては、あまり馴染みのないもの。しっくりこないもの。特に対照的な造型は「不自然なもの」に感じられる。

・古い:参照→(ド)古代人:時の経過に耐えうる真実。多くの人生と学びを通して成長するあなた自身の、永遠の部分。古いものは知恵や実力をつけることを示すときもあります。あるいは、不要になったあなたの気質の一部。

・家:(ド)自分自身。

・一階:(ド)日常の生活状況。

・ゆき:ラブスピースのAryan Marga6メンバー。全奉仕者。より霊的成熟を望み、霊性の道を歩む女性。自分の女性性の側面。もっちと聖なるパートナーシップを組む。

・もっち:ラブスピースのAryan Marga6メンバー。全奉仕者。より霊的成熟を望み、霊性の道を歩む男性。自分の男性性の側面。ゆきと聖なるパートナーシップを組む。

・キッチン:(独)エナジーを調理し、準備する場所。

・リビングルーム:(ド)他の人たちとの日々の交流。

・風呂場:(ド)浄化・不要になったものの除去。

・実際にラブスピースで使っている集会所:(独)内なる自己の具現との触れ合いを含めた霊的な学びの場

・玄関またはテラス:(ド)自分の判断力の拡張。楽しみ。リラックス。

・芝生:(夢)草・雑草・芝生:庭に生えた雑草は、心の手入れにとりかかるようにというアドバイス。(中略)手入れの行き届いた芝生はストイック過ぎる行き方を暗示しているかもしれません。庭を参照。

・庭:(夢)あなたの成長が目に見える形で夢に現れました。現時点での学習成果です。庭はあなたが、自分の心の手入れをどのようにやっているかを見せます。(後略)公園を参照。

・公園:(夢)(前略)公園そのものがどう見えたかで、あなたのいまの霊性を知ります。あなたの霊性があなたの生き方に変化を起こして、それが誰の目にも明らかになっているという意味で、公園が夢に登場することがあります。たとえば、植木の剪定も、清掃も、草木の手入れも完璧な公園を見て、あなたは心安らいだでしょうか。あなたの拠り所とする信念や信条に励むあまり、その点では努力の甲斐があったとはいえ、息苦しいのではありませんか。やり過ぎなのかもしれません。

・窓:(ド)与えられた状況を超越して見ることのできる力。大きく開かれた予知能力。認知力。反対側の次元を超えた気づきを開く窓。

・石:(ド)→岩:強さ、基盤、独自の能力。

・四角:(ド)箱に入れられたもの。あまりにも整然とコントロールされたもの。心を合わせものごとに取り組む際のバランス。

・探す:(ド)間違った場所へ、自分を探しに行くこと。自分の心の奥深くを探しましょう。

・重い:(ド)運ぶためには荷が重過ぎます。優先順位をはっきりさせ、ものごとを整理し、心の重荷を下ろしましょう。

・アンティーク:(ド)古いパターン・信念の持ち方、計画を表します。それはあなたの学びと成長のために今まで充分に役立ってきました。でも、もう、手放さなくてはいけないものです。あるいは変化を恐れること。あなたの過去に属するようなもの。

・長持ち(衣装を入れる箱)→たんす:(夢)潜在意識化した想い出。もっていて損はないとあなたが判断したあなたの価値付け。たんすの肥やしになっている各種の免許、ブランド品、学歴、恋愛遍歴。取り出し可能なアイデア。整理整頓を掃除が課題です。

・汗をかく:(ド)感情の開放、神経過敏、恐怖心。興奮した状態を静めること。

・タオル:(ド)清めの期間が過ぎたあと、温かく保護するもの。安心感。

・引越し:(夢)環境を変えたい現れ。環境が変わることへの不安。



【・夢の内容/*リーディング】

・私は古い平屋の和風の小さな家の中にいる。
*あなたは、あなたの日常生活自体があなたが本質的に望む霊的な在り方(多くの人生の学びを通して成長する永遠の部分)であることに気づきます。

・その家は、ラブスピースの本拠地からほど近いところにあり、「(ラブスピの)集会所」のような存在であることがわ
かる。
*あなたの霊的な日常生活は、神聖な土壌のすぐ近くにあり、内なる自己の具現との触れ合いを含めた霊的な学びの場であることがわかります。

・その家には、よく手入れの行き届いた青々した芝生の小さな庭があり、真四角の敷石が点々と敷かれて玄関につながっている。
*あなたの霊的な日常生活には、現時点での学習成果が伴っています。それは、まだ小さく、よくケアされていますが、ややストイック過ぎる(がんばり過ぎの)きらいがあります。また、その学習成果の中には、独自の能力(基盤)が設えられおり、それが自分の判断力の拡張(または楽しみやリラックス)へと導いてくれます。しかし、その独自の能力(基盤)もまた、あまりにも整然とコントロールされたものです。

・私はその庭の様子を窓から見て、「この和風の家に、洋風の(整いすぎた)庭は不似合いだな」と違和感を感じる。
*あなたは、その学習成果の様子をみて、直感的に、「自分の霊的な日常生活の中で、がんばりすぎること、能力や学びをコントロールしすぎることが、不自然であること」を感じ取り、理解します。

・私は台所にいて、ペットボトルの袋を捨てる場所を探している。
*あなたはエナジーを調理し、準備する場で、間違って、「認められたい」がために手放さずにいたプライドや傲慢さや自己卑下や依存などの不全を、手放すまで保管しておく場所を探しています。

・ずっしりと重そうなアンティーク風の長持ち(衣類を入れる箱)が置かれていることで、非常に狭く感じられる居間らしきところに、ゆきがいて、何か忙しく片付けものをしている。
*あなたが手放したくないと思う、不全の恋愛で培った依存心や自己卑下、プライドや傲慢さ、物質的豊かさへの固執が詰まった、心の重荷の元となる古い信念が、人との交流の場において、邪魔になっています。そこで、あなたのより霊的成熟を望む女性性は、せっせと浄化の準備をしています。

・風呂上りらしく、顔の汗をタオルでぬぐいながら、さっぱりした顔で寛いだ様子のもっちが、台所に現れる。
*あなたのより霊的成熟を望む男性性は、すでに浄化を済ませ、開放された感情を温かく保護しながら、さっぱりと寛いだ様子で、エナジーを調理し、準備する場にやってきます。

・私が、「どうしたん?(なぜここにいるの?) このペットボトルを捨てられる場所ってあるかな?」ともっちに尋ねる。
*あなたは、「より霊的成熟を望む男女性は、なぜ霊的な日常生活をしているのか? 認められたいがために手放さずにいたプライドや傲慢さや自己卑下や依存などの不全を、手放すまで保管しておく場所はここにある? 」とより霊的成熟を望む男性性に尋ねます。

・もっちは「しばらくの間、ここに寝泊りしててんけど、ゆきが(家が蓮のところから遠いから)ここに(引っ越して)住むことになってん」と言う。
*より霊的成熟を望む男性性は答えます。「霊的な日常生活を送ったり送らなかったりという状態でしばらくいたけど、より霊的成熟を望む女性性が、内なる具現により近いところへ環境を変えたいと望んだから、霊的な日常生活をすることにした」。

・私は、その家は、ゆきが住むにはあまりにも古びていて(物質的に不便すぎて)、似つかわしくないと思った。なんぼ近いからといって、よくやるな(私にはできない)、と思った。
*あなたは、より霊的な成熟を望む女性性が、霊的な日常生活を選択するのは、物質的な不便さに耐えられないのではないか(我慢ならないのではないか)と思っています。顕在の自分には、とうていできない、と感じています。


【学び】
私は、日常生活そのものを霊的な在り方にすることを、自分の本来の在り方として望み、決断している。
それはつまり、内なる具現(蓮)のそばにいて、奉仕をする中で自己探求をする生き方。つまり、全奉仕生活。
すでに、そのための学びの成果はあがりつつあるが、そのことに一生懸命になりすぎて、自分を息苦しくさせ、リラックスできない状態にしており、自分でもそのことに気づいている。(が、リセットはできていない)
また、エナジーの融合の準備をする段階にあって、「認められたい」という不全の愛を支えていた、プライドや傲慢さや自己卑下や依存などの不全を手放さねばと思いつつ、できないでいる。
人との交流においても、プライド・不全の恋愛での心の傷といった古い信念が、その交流の邪魔をしている。
それでも、より霊的成熟を望む自分の側面は、リセットをし始めている。
女性性は、人との交流において、邪魔になる古い信念の浄化にとりかかっている。
男性性は、エナジーの融合の準備において、浄化をすませ、感情をいたわる動をとっている。
顕在の私は、自分で決断したことに、まだ確信がもてず、自分の内に、それを確認している。
自分の内は、女性性がそう望むから、それに沿うと答えてくれている。
顕在の私が、確信も持てないのは、全奉仕をしたら、物理的な豊かさを失うことになり、自分にはそれが耐えられないのじゃないかと思っているから。

→「物理は霊性でできていること。霊的な豊かさは、物理的な豊かさをも伴うこと」。これを確信すること。
すでに要らなくなったものに固執せず、愛をもって、快く手放すこと。

【気づき】
このリーディングをし終わって、改めて、これはマイスピリット・ウライナからのアクセスだな、と感じた。
ずっと以前から、蓮にマリアのエナジーのイニシエを希望していた。それは、ウライナからのメッセージを、励ましを直接聞きたいと思っていたから。
でも、それがずっと「霊的必然」として起こらなかった理由がわかった。
こうして、ウライナは「あなたにいつも語りかけていますよ」ということが言いたかったんだなあ、と感じた。
それを、自分で、読んでください。受け取ってください、と。
じーんときた。愛されているなあと思った。

最初に、この一連の夢(この夢には【前半】があります)をリーディングした時は、調子が悪くて、まるで読めなかった。
意識と手足がバラバラで、何をやっているかわかならい状況だった。
それでも、なぜか「この夢のリーディングは重要だ」ということだけは直感でわかっていて、無理やり終えて、「ギブアップです。でもこの意味が知りたい」というメールをエッセンスパートナーの龍に送った。
それで、その状況を脱するための「リーディングシェア」という、これも一つのイニシエーションを引き寄せた。
シェアをする中で、たくさんのヒントが得られた。
それによって、「後半部分を、自分でもう一度読もう=自分でアクセスを引き寄せよう」という意識が芽生えた。
蓮や龍やみんな(その場にいたラブスピースのメンバーは、ゆき、もっち、トリン、空、全、ムミヤ)の助けを借りて、だいぶ理解が深まったけれど、一番大事な「空のペットボトル=手放すべきもの」が指すものがどうしてもわからなかった。つまり、何を手放すべきかが、ピンとこなかった。

26日・27日のAMOUKの瞑想で、その手放すべきものがイメージできた。
さらに、27日の蓮の「男女性の守護ラインの気づき」のシェア、そして、自分が発動させたセクシャリティーの不全を認識したことで、さらに「自分が手放すべきものの実像」がクリアになった。
女性性の自己価値の低さ、男性性の自己価値の低さ、プライド、競争心、依存、
そして、その根っこになっている、「認められたい」という傷ついた心。

その後で、この夢のリーディングに再びとりかかった。見落としていたこと、大雑把にしか捉えていなかった感情の背景が
行きつ、戻りつ、何度も何度も丹念にやるうちに、見えてきた。
2日間に渡り、延べ10時間ぐらいは向き合ったと思う。
そして、私が最初に夢を書き出した時に、(向き合いたくないがゆえに)無意識のうちに抹消していた「長持ち」の存在に気づき、その中身を認識したときに、空のペットボトルの正体がわかった。

ペットボトルは自分にうるおいをもたらす水(感情=愛)を入れる容器。
それまでの(濃い不全を抱えた)私にとっての一番の甘露(愛)は、「認められている」という愛。
「認められている」という不全の愛で自分をうるおすためには、その状態を作り出す(実感する)ための容器(ペットボトル)が必要。
それが、プライドであり、傲慢さであり、その真逆の自己卑下や、依存(保護されたい)という不全。

でも、もう、要らない。いまの私には不要になったもの。
自分で自分を認めることができるようになったがゆえに、外からその愛を摂取する必要がない。
その愛は、すでに自分のハートの中に満々と湛えられている。
だから、その愛を入れる容器も、不要なんだ。

素晴らしいアクセス!
ウライナ、確かに受け取りました。
本当にありがとう。あなたの(私の内なる)愛をハートに抱いて、
自分が決めた道を進みます。

このリーディングができたことに感謝です。
蓮、龍、みんな、本当にありがとう。



☆ラブスピースとは→ http://lovespeace-ashram.seesaa.net/
☆Pミクシー→http://mixi.jp/show_profile.pl?id=1249562
☆エッセンスパートナーdozen/Ryuブログ→http://dragon-and-lotus.seesaa.net/
☆dozen/Renブログ→http://ryu-and-ren.seesaa.net/
☆dozenブログ→http://dozen.seesaa.net/
☆もっちブログ ⇒ http://i-am.seesaa.net/
ゆきブログ ⇒ http://mugenlove.blog51.fc2.com/
☆空ブログ ⇒ http://soranosanpo.blog.shinobi.jp/
☆全ブログ ⇒ http://blog.livedoor.jp/ta_manori11/
☆トリンブログ ⇒ http://torin.seesaa.net/
☆ムミヤブログ ⇒ http://muumiyah.exblog.jp/




☆Pカフェ開催予定→http://urappy.blog94.fc2.com/blog-entry-103.html






スポンサーサイト
2008.04.29 Tue l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://urappy.blog94.fc2.com/tb.php/104-35b20d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。