上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
●○1月13日 体験セッション in 京都○●

ラブスピースで日々学んでいる探求者たちが、対面にて、あなたの探求生活をサポートします。

「自分のことをもっと知りたい」「変わりたい」「自己探求やスピリチュアルに興味がある」
「ラブスピースの真実に触れてみたい!」

そんな人にもおすすめです! お気軽にどうぞ~

簡単なセッションからちょっとしたリーディング、ラブカードを用いたカードセッション等、今のあなたに最も必要なエッセンスをご提供します^^
あなたが自分を知るための、素敵な探求エッセンスをぜひぜひお持ち帰りしてください
セッションを受けれる前に、聞きたいこと、最近起こった気になることなどをまとめておかれると、より密度の濃いエッセンスが持ち帰れますので、おすすめです。


ラブカードとは
http://mugenlove.seesaa.net/article/72955049.html

リーディングとは
http://mugenlove.seesaa.net/article/51644496.html

【日時】
1月13日(日曜日)
13:00~14:45  1名30分

【場所】 
京都市西京区(阪急京都線桂駅より徒歩15分程度)
一日300円のコインパーキングあり♪
※場所詳細は参加申し込み者におってお知らせします。


【参加するあたって】
セッション後、あたなのハートで感じた支援金をお渡しください^^
(設定された金額はありません。)


【注意事項】
申し込み、参加をされたい方は、
注意事項(http://lovespeace-ashram.seesaa.net/article/65380176.html)を必ずお読みになった上で、メールにて注意事項を了承した旨を記入して下さい。
希望日時、場所、お名前、連絡先も忘れずに記入して下さい。

尚、mixiでの受付は致しておりませんのでご了承下さい。


【締め切り】
1月11日(金)23:00到着メール分まで
【申込、お問い合わせ】
Pmail までhttp://form1.fc2.com/form/?id=246004


同日には、こんなイベントもありますよ☆
http://dozen.seesaa.net/article/74627623.html


ラブスピースとは
http://lovespeace-ashram.seesaa.net/

スポンサーサイト
2007.12.30 Sun l イニシエ&イベント案内 l COM(0) TB(0) l top ▲
ラブスピース 12月シップ活動《月初のラブカードセッション》からの学び

☆シップ活動とは→http://lovespeace-ashram.seesaa.net/article/65466683.html

◎セッション1
パートナーSさん「今月のエッセンス」/左右両手で1枚ずつ
左:5 /左のエッセンスカード:誰もが特別の存在
右:想いを口に出す /右のエッセンスカード:笑い(ユーモア) ノットイコール 深刻(ドラマ)
右の「想いを口に出す」についてのエッセンスを右でもう一枚:日常はスピリチュアル
  
P「今月のテーマについてのエッセンス」/左右両手で1枚ずつ
左:誰もが特別の存在  左のエッセンスカード:1
右:霊的気まぐれ(霊的必然) 右のエッセンスカード:ギフト
左の「誰もが特別の存在」についてのエッセンスを左右1枚ずつ
 左:自分で在ることが愛
 右:配慮と思いやり(相手の土壌)

セッションをやっている時には、それほど強い関係性を感じなかったが、こうしてしげしげと見ると、私もSさんも、同じ「家族との関係をよりよきものにすること」、そこからの学びが今月のテーマであることがわかる。Sさんは旦那さんを自分の男性性として見ることを、私は家族を自分の側面として見ること、を促されている。共通して引いた「誰もが特別な存在」。これは「ワンネス」「自分と他者への感謝と尊敬の念を忘れないこと」というメッセージを感じた。
「霊的気まぐれ(必然)」の件は、シップコミュでやらかしてしまった件で、納得納得だった。そしてそれが「ギフト」であることも大いにうなずける。この件をもう一度見直し、自分の中で受容することが大切なようだ。実行あるのみ。

◎セッション2
パートナーYさん「パートナーシップについてのエッセンス」/左右両手で1枚ずつ
左:シンプル  左のエッセンスカード:エネルギーワークの必要性
右:歓喜  右のエッセンスカード:広い視野

P「いま抱えている恐れについてのエッセンス」/左右両手で1枚ずつ
左:シンプル  左のエッセンスカード:扉を開けて
右:ギフト  右のエッセンスカード:滋養

このセッションをやる直前に、「ツールリセットギフト」の件が起こった。→P日記
そして、そのリーディングをしてから、このセッションでの学びを書いている。ジャストすぎる。連鎖し過ぎ。
Yさんからいいことを教えてもらった。「恐れはリセットすれば、滋養になる。恐れは一種のツールやねん」と。つまり、恐れを見つければ、それは「ジャンピングチャーンス」なのだ。
女性性が一途に望むことだけを考える。PもYさんも同じ「神聖さの体現」。Pは心の扉を開ける。すると、恐れというギフトが飛び出してくる。でもそれは神聖さをより体現するための滋養。リセットして滋養物とすること。つまり、やはり、この月半ばまでに起こった「恐れ」の発露とその再生の過程について、いまいちどよくよく学び受容することが大事。

総合の学び→第1チャクラ、第2チャクラの不全をリセットし、これらについて学び、受容することが必要。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ラブスピースとは→http://lovespeace-ashram.seesaa.net/
☆Pミクシー→http://mixi.jp/show_profile.pl?id=1249562

2007.12.18 Tue l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
「ツールリセットギフト」のリーディング

具現
新居にADSLを接続するのに、訪問サービスを予約した。それは、引越しに際し、新規加入したコースに付随するパックについていたもので、「無料訪問サービス」または「3ヶ月間接続料無料」のいずれかを選べるものだった。マニュアルを見れば、なんとか繋げるかな、と思ったが、「ほかにも不具合があったら、見てもらおう」と思い、訪問サービスを選択した。当日、担当の若い男性がきて、接続作業をしてくれた。「ウィルスに感染してるようですが、これも見ますか? 別料金になりますが」と訊かれて、「お願いします」と答えた。以前、ウィルスバスターのソフトの自動更新をして以来、コンピュータを起動するたびに「ウィルスに感染しています」というメッセージが出るのに、「駆逐」できず、それ以上の作業が進まないという、おかしな状況が続いていた。何度やってもダメなので、ヤバイなと思いつつ、毎回スルーしてコンピュータを使うという状態がすでに半年以上続いていた。見てもらった結果、この「ウィルスバスターのソフトの自動更新の案内自体が、詐欺システムだった」とのこと。要するに、何らかの方法で入り込み、「自動更新の時期ですよ」という案内を出して、それにユーザーが答えて、ソフトを購入する際に、カード番号や暗証番号を盗み出す、という手口のよう。その詐欺に、私はまんまと騙されていたことが今回わかった。いまのところ、カードでの被害がなかったのはラッキーだったとのこと。それと別のものを含め、スパイウェアーに複数感染しているのが発見されたので、新たに別のセキュリティーを契約し、それらをすべて駆除してもらった。その際、起動時の「ニセウィルスバスター」の画面がなかなか消えず、一時、コンピュータを買った時の状態に戻す「リカバリ」をしなければいけないかも、という状況になったと告げられた。リカバリすると、当然すべてのデータが消えることになり、非常に困る。ショックを受けたが、「すべては自分が引き寄せたこと」と、はらをくくって、軸を保つよう心がけた。すると、「恐らく大丈夫」と思えたので、その状況で事を見守っていたら、その通りになり、リカバリしなくて済んだ。また、途中、担当の男性とのおしゃべりの中で、彼が最近「ぎっくり腰」になったということを聞き、最初座ってもらった硬い丸椅子から、途中で背もたれのあるクッション付きの椅子に変える様にすすめた。新たにかかった費用は9000円。おかげで、コンピュータ内の不用なゴミが減り、動作が非常に速くなり、セキュリティーも心配なくなった。

リーディング
ADSL接続サービス:引越し以降、不自由ながら、ダイヤルアップでネットにつながっていたが、ADSLにすることで、早く、スムースにつなぐことができる。携帯でネットをしない私にとっては、コンピュータがラブスピース(神聖さ)に繫がる主な手段。つまり、今回の訪問サービスは、「神聖さ・スピリット・高次と、よりスムースに繫がるための介助」でもある。
スパイ:侵入者。自分の成長に取り組まないで、他人を見つめている人。自分の人生に手をつけないで、他人がどう生きるかにかなりのエネルギーを注ぐ人。自分のアイデアや計画に対し、他人がどう反応するかが恐ろしく気がかりな人。見つめるだけで行動しない人。
詐欺師:あなたから盗みをはたらくもの。あなたの土台をくずすもの。「犯人」を参照。
犯人:自分自身を欺き、可能性を狭めていること。内側の源である師に従わず、また創造性に順応せず、もっぱら、自分の恐怖に基づいた法則をつくり上げていること。
ぎっくり腰:第2チャクラの病気。
第2チャクラ:霊的な側面;自尊心/基本的な欲求;人間関係をつくる力
腰痛を抱える人の問題点の中で特に気なること:完全主義者で、「仕事がうまくいくことを願うなら、自分でやるべし」というモットーを掲げています。(中略)それは自分にしかできない仕事だと信じているからです。
9:完成。過去の終息。三重の三位一体。

私は、神聖さにスムースに繫がるためのツールを整備するために、男性性のサポートを受けた。男性性は本来の目的のほかに、守護が甘くなって、不全が巣くっている部分を見つけ、リセットしますか、と問いかけ、女性性がそれを承諾し、男性性は作業にかかった。私は神聖さと繫がるツールの中に、「他人がどう反応するかが気がかり」という恐れがあることを承知で、長い間見てみぬふりをして持ち続け、本来の自分からエネルギーを奪い、自分を欺き、可能性を狭めることを自分許していた。それらをリセットする際に、過去の自分の記録や記憶がすべて消えることに同意し、それらがさほど重要なことではないことに気づいた。そして、神聖さを体現する新たなツールとして活用するために、必要なものだけを、再び手に入れることを誓った。その結果、過去の記録や記憶は保存され、不全はリセットされ、守護が強化された。また、私の男性性は第2チャクラに不全を抱えており、「自分しかその仕事はできない」と信じ込むことが問題であることがわかった。そのことを知った女性性は男性性を気遣い、リラックスすることをすすめた。今回のことを通じて、自分のツールにたまっていたゴミや、不全をリセットし、より神聖さの体現をスムースに行う環境を整えることができた。私の中で、一つの過去を終息できた模様。


→「他人が自分のことをどう見るか」という恐れを、自分の中でどれほど育み、放置してきたかを痛感した。また、神聖さを体現するための速度が遅い理由が、「自尊心」に不全を抱えていることであることも実感した。それらを受容し、再生させること。そして、身体を気遣い、リラックスさせること。私はいつも認められ、愛される存在であること。これらを本当に知ること。
2007.12.18 Tue l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
Pカフェ12.25「アフター5のスピカフェ in茶屋町」

12月25日(火曜日)18:00~19:00

平日のアフター5に、大阪・茶屋町のナチュラルカフェで
ラブスピースのP(ぴー)と一緒に、スピリチュアルなおしゃべりを楽しみませんか?

Pは仕事をしながら、日々の生活の中でスピリチュアルの道(自己探求の道)を歩む探求者です。
その学びの場の中心が「ラブスピース」です。

最近、本屋さんに並んでいる『引き寄せの法則』って本を見たことありますか?
じつはこれ、かなりヒットしそうな予感なのですが、
中身はスピリチュアルの本質そのもの、という本なのです。
「ここまでスピリチュアルな世界が身近になってきたんだなぁ~」と実感しています。
よく混同されるんですが、スピリチュアルは宗教とはまったくもって別物で、
「自己を探求するという、生き方の概念」という言葉に近いかもしれません。
たとえば、「自分のことをもっと知りたい」と思う瞬間ってありませんか?
自己探求とは「本当の自分を知る=自分を愛する」ことです。
「どうやって?」・・・方法はいろいろで、けっこう身近なんです。
先の本に書かれているのも、その方法論のひとつです。
スピリチュアルな法則とは、簡単に言うと、自分の意識の持ち方です。
日々の暮らしの中で、少し意識を変えるだけで、「本当の自分」が見えてくるのです。
そんなことをアレコレお話しできたらと思います。

興味のある方は、気軽に遊びにきてください。
質問・疑問のお問い合わせだけでもOKですよー。
下のリンクだけでも覗いてみてくださいね。


★ラブスピースとは→http://lovespeace-ashram.seesaa.net/
★スピカフェとは→http://lovespeace-ashram.seesaa.net/article/65371305.html
★これまでにラブスピースで開催したスピカフェの感想です(一部)
1.16スピカフェ感想(map)
http://thunderbird78.seesaa.net/article/31553749.html
ハジメテダラケ(aki)
http://blog.goo.ne.jp/hanamaru3-3/e/81f815857e0abb3d23f08b9acc51d28e
たのしいよ^^(空)
http://marugeritta.blog17.fc2.com/blog-entry-192.html
スピカフェ感想♪(うみのるり)
http://ruriel.seesaa.net/article/20939104.html


【日 時】 12月25日(火曜日)18:00~19:00

【集合&カフェ場所】カフェ   sangmi(サンミ) http://www.sangmi.jp/umeda.html

【参加するにあたって】
※支援金として500円をお願いします。カフェ終了時にお渡しください。
※スピカフェ時の飲食は自費でお願いします。

【注意事項】
申込み、参加をされたい方は、注意事項→ http://lovespeace-ashram.seesaa.net/article/65380176.htmlをよくお読みになった上で、 メールにて注意事項 を了承した旨を必ず記入してください。

【申込み、お問い合わせ 】
http://form1.fc2.com/form/?id=246004
**mixiでは受付しておりませんのでご了承ください**

◎希望日時、場所、お名前、当日連絡のつく連絡先も忘れずにご記入ください。
◎性別/既婚・未婚も可能な限りお知らせください。
◎返信メールアドレスはお間違いのないようご注意ください。
◎メールを送っていただいてから2日経っても返事がない場合は、送信エラーか、メールアドレスの誤記入の恐れがありますので、お手数ですが、メール再送をお願いします。

申込み締め切りは12月23日(日曜日)23:00到着分のメールまで
2007.12.14 Fri l イニシエ&イベント案内 l COM(0) TB(0) l top ▲
本日のリーディング

1)具現
今日の夜、仕事がらみの食事会からの帰り道。
駅に止めてあった自転車に乗って家に帰ろうと、鍵を開けていた時に、
旅行用のガラガラを引いた若い女性が歩み寄ってきた。
そして、「落とされましたよ」と声をかけ、私が自転車の鍵を出す時に気づかずに落とした、紫のウールの手袋を手渡してくれた。
このとき、あまりにも満腹状態で、注意力が散漫になっていた。


2)リーディング
駅:人生行路の停留地点で、切り替え可能なところ。ここであなたは目的地を変えるかもしれません。つまり、新しい旅をはじめるのです。ものごとをはっきりさせるための休憩所。目標を決めること。
家:自分
自転車:生活にバランスが必要なこと。全速力で前進する前に、エネルギーのバランスを計りなさい。
鍵:森羅万象の真実の扉を開く、内奥の気づき。英知、知恵。
紫:英知、知恵、神性加護
ウール:ソフト。暖かさ。慈しむこと。
手袋:保護。カバー。他人との触れ合いを避けること。身体のエネルギーと感情のエネルギーのやりとりに障害のあること。
荷物:自分が誰であるかを明確にする、あなたが持ち歩いている計画。あるいは意志形式。とるにたらないがらくた。
満腹:(ドリームブックに掲載なし)胃袋(第3チャクラ)にエネルギーが必要以上にたまっている状態。

あなたはいま、本当の自分に戻るための新しい旅の停留地点にいます。そこに向かうためには、エネルギーのバランスを計る必要があります。そのための知恵は、スピリットの慈しみと保護です。あなたはそれを見落として(忘れ)かけています。旅の計画を担っている女性性(スピリット)が、それを知らせて届けてくれました。ポイントは第3チャクラ。拒絶・批判に対する恐れ、人の目にばかばかしく映ること、そして自分の責任を果たせないのでは、という恐れを手放しましょう。自分を尊重し、自分の中のエネルギーバランスをとりましょう。

→第3チャクラへの理解を深める必要がある。
それが、新しい局面にアプローチするための鍵となる。
2007.12.10 Mon l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
ラブスピース12月のリーディング宿題シェア

①具現
11月のレッスン&イニシエ終了後、集会所の片付けをしていた時のこと。たたんであった長机を弓華と一緒に元の位置まで運び、一旦置いて折りたたんであった脚をたてようとしたとき、弓華の(たぶん左の)手(指)を脚で挟んでしまった。「あ~挟まった? 大丈夫?」と訊くと、うんうんとうなづいて、大丈夫というジェスチャーの弓華だったが、かなり痛そうなのがわかる。それでも脚を出して、机を元の位置に置いて作業を終了。その時すかさず、それほど近くに居たとは思っていなかった蓮ちゃんが弓華の側にきて「挟んだん? 痛かったな~」と弓華の手をとり、なぐさめてくれていた。それを見て、「すごい。蓮ちゃんはいつも見てるんだ」と思った。

②リーディング
机:あなたが取り組む問題。勉強、探求、自己発見。
脚:人生の基盤。動機づけ。あなたがたくさんの学びに出会える可能性。
手:感情・感覚。自分を表現するところ。左手は受け手で、エネルギーや愛を受けます。右手は与える手です。左手に傷を負った場合は、自分自身に受けることを許していません。右手の場合は、エネルギー補給をしないで、過剰労働気味です。あなたに向かって手が差し伸べられている場合は、援助が受けられます。心の内側を見つめ、他の人にまた神に援助を求めなさい。


あなたが取り組む探求の基盤を整えようとしているとき(いま)、不注意な(配慮のない、無意識な、乱暴な)リアクション(男性性)によって、感情や感覚(女性性)が傷ついています。それをスピリットは見逃さず、すぐにでも援助の手を差し伸べる用意があり、また、実際に差し伸べてくれています。それを意識しましょう。

→具現が起こった頃は、京都への引越しを無理なスケジュールで行うため、必死になって、身体が疲れ果てていた。それでも、「なんとしても引越しするんだ!」と半ば強引に身体に鞭打って事を進めていた。それは、まったくもって「自分を愛する行為」とはかけ離れた行動。また、このリーディングをしているいまはといえば、引越ししたはいいものの、慣れない環境、整わない環境に、やっぱり疲れて、イライラしていて、それでも「なんとしても、がんばるんだ!」とまた身体に鞭を打っている。
同じことをしている。「自分を愛する行為」とはかけ離れた状況。
まずは、自分が疲れ、参っていることを受容すること。がんばりすぎないこと。そして、身体を労わること。スピリットと話をすること。ワンネスであることを意識すること。そこから違う流れが始まるはず。

気づかせてくれて、ありがとう☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ラブスピースとは→http://lovespeace-ashram.seesaa.net/

2007.12.05 Wed l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。