上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今日、実家から「呼び出し」がかかった。
普段、ほとんど「干渉」することのない家族から、強い調子で、
「必ず来るように」ということだった。

先日、京都への引越しに際して、いま自分が考えているスピリチュアルな生き方について、時間をかけて説明をしたが、
その時は、みんな納得がいかないようだった。
前回は、「説得をしようと試みた」のが自分の不全であり、不必要なことであることに気がついた。
必要なのは、自分自身に明確な意思をコミットをすること。
そして、家族は、自分の内のある側面を移す「鏡」であることを忘れないこと。
何よりも軸を保つことが重要ということを改めて理解した。


前回日記→http://urappy.blog94.fc2.com/blog-entry-66.html


今日は、「ゆきクラス」で、「五つの心の傷」とそれぞれに対応する不全の反応についてのレッスンがあった。

ゆきブログ→http://mugenlove.seesaa.net/

学びどころは、反応のきっかけになった相手の行動の動機を、「恐れ」と捉えるか、「愛」と捉えるか。
動機が外へ(自我意識へ)と向かっているか、内へ(神我意識へ)と向かっているか。

この話を聞いているとき、ひとつの気づきがあった。
相手のリアクションに対して、自分の傷ついた心が不全の反応をするのは、
相手と自分とを別々の存在だと捉え、そこでエネルギーの収奪(相手にエネルギーを奪われたり、自分が奪ったり)があると考えているから、
考えているというより、その幻想を真実だと信じているから。

ワンネスであることを思い出せば、相手も自分であることを思い出せば、そこにはエネルギーの収奪なんて発生しないことがわかる。
相手の反応は自分の内のある側面であるだけ。
自分の内で、エネルギーの収奪はできない。

ワンネスという意識を保つこと。
これが軸を保つ、というポイントなのではないか…。

そんな風な考えがめぐって来た。


そんなことを考えていたら、実家でおおいに、それを体験する機会を引き寄せた。

本日は、家族からの「説得」の嵐だった(笑)。
わはは、きたなーって感じ。
前回、説明に行った時に、私のブログと、dozenのブログを提示しておいた。
それを見た姉が中心となって、「質問」「説得」を試みたという状況。

探求をする前から探求をし始めた頃の龍さんを知っている姉のダンナからも、いろんな「お話」があった(笑)。

母は心配のあまり、「夜も眠れない」と嘆いていた。


私は聞きながら、「軸軸軸~!」を心の中で唱え、軸を保つことに集中した。
一瞬だけ、ぐらっと軸が揺らいだ瞬間を知覚した。
正直、びっくりした。
と同時に、軸の重要性を再認識した。

家族の心配はもちろん、理解できる。
「安心させる愛」を波及できないでいる自分の霊的状況を受け入れた。
ラブスピースについての自分の理解と認識の甘さも確認した。
「なるほど。世間の人はこう見るか」と思う発見があった。

そして何よりのギフトは、今後歩む先に、自分が直面するであろうシーンだった。

特に心に残ったのが、次の言葉。
「あなたがやろうとしていることは、世間の人は認めていない。
マイノリティーであり、非常にリスクのあること」

いま読み進めている「神との対話」の中にもメッセージがあった(ディテールが違うかもしれませんが)。
マスターを目指すとき、そのような扱いを受けると。
迫害され、さげすまれ、人々はあなたを嘘つきだと言うだろう。と。

以前のイニシエで、3世代前の私に会った時にも彼女は言っていた。
「誰も認めない、誰も受け入れない、誰も協力しない」と。
私はあのとき、自分にコミットをした。
「私が認める、私が受け入れる、私が協力する」と。

大切なイニシエ→http://urappy.blog94.fc2.com/blog-date-200703.html

そのコミットを、瞬間に思い出した。

引越しにあたり、「あなたは、本気で、この道を歩みますか?」
内なる自分=スピリットから、改めてコミットの確認がなされていると感じた。

私は改めて、コミットをする。
「私が認める。私が受け入れる。私が協力をする」。
スピリットとの共同創造をする。
今後、どんなに厳しい状況を引き寄せても、そこから学び、その幻想を超えていく。

そして、培った愛を波及する。
私の家族にも波及したい。
心から幸せになってほしい。

今回、鏡となり、メッセンジャーとなり、私にメッセージをもたらしてくれたことに感謝します。
本当にありがとう。

私は愛をもって、愛の道を進みます。


この日記を書いているとき、テレビで「ペイ フォワード」をやっていた。
ある少年が思いついた「自分が受けた善意を3人の人に渡していく」というアイデアが広がっていく、というストーリーだ。

これは、まさに「ハチドリのひとしずく」の話。

ラストで、少年は亡くなってしまうのだが、
その少年が試みた善意の拡大、つまり、人間が持つ善意=内なる神の意識を目覚めさせる試み、に、共感をした人々が、
キャンドルを持って、彼の家に集まってくる。
その光の道が、永遠に続いていく、というシーン。

これが、非常に象徴的なメッセージだと思った。

だって、少年のアイデアは、最初、誰も「まとも」だとは思っていなかったのだから。

善意}=人間の愛=内なる神は決して死なない。
たとえ肉体がほろんでも、それは永遠に続いていく。
なぜなら、それこそが、私たちの本質=スピリット=神だから。

あたたかいメッセージをくれたスピリットに感謝。
ありがとう。















スポンサーサイト
2007.11.24 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
10月のカレッジの宿題「シンボルリーディング」をアップします。

シンボルリーディングは、普段の自分に起こったできごとを通して、
「いまの自分の霊的な状態」を知るためのツールです。
物事(シンボル)には、すべて霊的な意味があります。
普段の出来事の中から、象徴的・印象的なシンボルを抜き出し、それを霊的な意味におきかえ、
それらが示す霊的状況をよみとり、自己探求に役立てる、というわけです。
ラブスピースカレッジでは、このシンボルリーディングを、
探求のためのツールとして、積極的に使っていこうとしています。
そのとりくみとして、10月から、毎月の課題として、
各人のリーディングをみんなでシェアする作業をしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P リーディング :「新しい自分になる」コミット

①具現の流れ
京都への引越しにあたり、姉に保証人になってもらうことになった。その際、電話で、引越しの理由と今後の計画を姉と両親に話しをしたが、いまいち理解が得られなかった。いずれにしても、きちんと説明をすべきだと思い、手続きを兼ねて、今後のことを話しに行った。
スピリチュアルの学校に通っていること、今後、その学校を中心に生活をしていこうとしていること、そう思うに至った経緯、スピリチュアルという概念と具体的な活動内容、などを時間をかけて話した。
現在、実家には父母と、実姉夫婦(マスオさん一家が2階に2世帯住居として住んでいる)が暮らしており、この日は、期せずして、近くに住んでいる実兄夫婦が晩御飯を食べにきていた。というわけで、話を聞いていたのは、両親、姉、兄夫婦の計5名。
各人各様の反応だったが、まあ、総じて「全面的に理解した」という反応ではなかった。その反応を書き出してみる。

父:「それは宗教活動やな」と断定。「それでご飯がたべられるんか」という質問をくり返していた。「いつとはいえないけど、食べられるようになるつもり」と答えたが、聞く耳もたず。スピリチュアルについての理解は得られなかったが、「決めたのなら仕方がない。人に迷惑だけはかけないように」と、最後にはいつもどおり、「人のことは人のこと」という割り切りでこの件を乗り切ろうとしている風に見えた。

母:ともかく、「全部が怪しい、すべてが心配、騙されているのでは? お金をとられるのでは?」というスタンス。この件については、まったく理解を示していないが、実質、私のことが心配らしく「引越しの時は手伝いに行ったげる」とのことだった。思考で理解できない部分を、物理的なお世話をすることで埋めようという意図か。

姉:訝り、怪しみ、心配をしながらも、「理解をしたい」という態度。それまでに江原さんの本(笑)を読み、スピリチュアルへの質問もいくつかした。ラブスピのHP、私のブログも紹介しておいた。(なんと、姉のダンナが龍さんと知り合いなのが発覚! 世間は狭いね)

兄:終始、無視。同じ卓について、話は聞いていたはずだが、テレビを見ていた。意見も質問も、反応さえなし。関与されたくないという態度。

兄嫁:ここでは唯一血縁ではない人なので、終始、静かに見守る態度。

なるべく感情的にならずに説明をしようと試みたが、やや声が大きくなる場面があった。
「理解は得られなかった」と感じた。が、感情的には決裂せずに、話を終え、実家を後にした。姉が駅まで車で送ってくれた。

家に戻ると、朝、廃品回収に出した不要の電話・ファックス機が、回収されずにドアの前に取り残されていた。
それは、「不用になった電化製品を無料で引き取ります。張り紙を張って、家の前に出しておいてください。壊れていてもオッケー」という業者の呼びかけに応えて、出かける前にドアの前に出しておいた不用品。
それを見た瞬間、ムカッときたが、「当社規定により、回収できない製品もあります」という注意書きがあったのを思い出し、納得した。

②リーディング
引越し→家(自分)を変えること。→新たな自分になること。
実家→元の家(今までの自分)
家族→自分の熟練した女性性・男性性
母(マイナス感情がある場合)→自分自身の母性的なところで、他人のために力を消費するのが嫌で、抵抗を示しています。自己愛の欠如。他人の要求を気遣うあまり、自分自身をないがしろにすること。
不要になった電話→不要になったコミュニケーション(メッセージを伝えるための)ツール→不要になった古い価値観でメッセージを伝えようとすること→説得
不用品が回収されなかった→受け取る側にとっては「価値のない中身」だった

私は(スピリチュアルな人生を歩むという)新たな自分になる決意(コミット)を自分自身に伝えるべく、今までの自分自身(の価値観)と対峙することにした。
私の決意が私自身の男性性、女性性すべての側面(家族全員)を引き寄せ、準備は万端となった。
私は新たな自分になるコミットをするつもりで、今までの自分(古い価値観をもった自分)を“説得”していた。
“説得”という古い価値観に基づく方法論をとったため、「宣言は受け入れられていない」と感じた。
つまり、今までの自分(の価値観)への執着が露になった。
女性性は、自今信頼の欠如、自分をないがしろにする態度、エネルギーへの執着などの機能不全を浮上させた。
男性性は、女性性への無関心・非協力という機能不全を浮上させた。
しかし、古い自分に、新しい自分を理解させようとすること(説得)自体が、本当は必要がない。
古い自分にとっては、それら(新しい自分からのコミット)は役に立たないものだから、受け入れないのは当然。
新しい自分は、宣言するだけでよかった。そのことに後で気づいた。
今回のことを通して学ぶべきは、自分の女性性、男性性が抱えている機能不全を認め、受け入れること。
また、それらを、「古い価値観」として、自分の中で手放す(再生させる)こと。
そして、しっかりと「新しい自分になる」コミットをし、それをいまの自分が受け入れること。


dozen (ダズン=霊的パートナーシップを組む男女二人組み)
ブログ⇒http://dozen.seesaa.net/

ラブスピースとは
http://lovespeace-kyoto.seesaa.net/article/48505023.html


2007.11.24 Sat l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
本日、めでたく、歯医者さんの治療が終了。

最後にでっかい虫歯の治療の結果、根っこをとって、
歯の大部分を削ることになってしまった部分に、
白い歯をかぶせて、終わり。

笑うと見える部分だから、さすがに金歯はないしなあ。
でも保険治療で入れられるセラミックだと、割れやすいうえに、
いちど割れたら1年間は保険治療はむりですよ~なんて先生に言われて、
長く使える自費治療の歯を入れることに。

いちばん安いのでも6万! 土台も入れて7万! キャ~あ。
ま、体の一部だから、仕方がないか。

しかし、こういった歯や、インプラントの値段って、どうなってんでしょうかね?
知り合いの方は、親しくしてる歯医者さんから、
「全部で100万のところを、半額の50万にしてあげる」
と言われたそうな。
ってことは原価は~???? う~ん。。。。

・・・・・・・・・・・・・・

歯の治療が終わったことをリーディングしてみる。

歯:砕くこと。あるものを消化するために、小さく切り裂くこと。工程を理解し始めること。力。意図。あなたの立場を強めなさい。討論。それについてよく考えてから、おしゃべりをしなさい。歯が抜け落ちるのは、問題や状況が理解できないでいること。飲み込むには硬すぎます。

→いま直面しているのは、スピリチュアルな生き方をどうやってしていくかということ。このことについての理解が、以前の(虫歯)状態では、うまく消化できていないまま、だましだまし咀嚼をしようとしていた。
この状態をリセット(再生)するために、自分自身のヒーリング(治療)にとりくみ、完了。

かかった費用の数字から、
6:導師
1:新規。神との合一。生命の一貫性。
7:始まりと終わりを示す神秘の数字。成長と進展の周期。

神との合一をベースにした新たな自分は、それを導く導師(スピリットや高次)の保護を得て、成長と進展の周期に突入。

なるほど、これは、今後に向かうにあたって心強い。
私は、一歩づつ、前に進んでいるぞ!

よっしゃ、よっしゃ。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎11/22(木)18:00~19:00 中津のカンテでPのスピカフェやります!
http://urappy.blog94.fc2.com/blog-entry-62.html
スピに興味のある人、待ってマース。




2007.11.14 Wed l 日記 l COM(0) TB(1) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。